観光

2020.02.01

お子様にもオススメ。絶景、だけじゃないんです・蔵王山展望台

167 view

スタッフ名:筒井

先日、「富士山まで見える日が最近増えている」という噂を聞きまして、渥美半島きっての眺望を誇る『蔵王山展望台』へ久しぶりに行ってきました。
これが思いのほか、眺望以外でも色々と楽しかったので、今日はそのあまり知られていない”蔵王山展望台・眺め以外の魅力”について、特に重点的にプレゼンさせていただこうと思います!
そもそも、『蔵王山展望台』とは?
田原市街地の北側、蔵王山の頂上に立つ『蔵王山展望台』。渥美半島の大抵どこからでもその姿(と横の風車)を見ることができる、田原市のランドマーク的存在です。天気の良い日の360度大パノラマは圧巻!!
寒い時期になると空気が澄んで、渥美半島のまちやそれを取り囲む海だけでなく、南アルプスや富士山も望めるようになります。麓から45分ほど登山して上がるのも良いですが、冬は頂上まで車で一気に行くのがお勧め。

館内ではモーショングラフィックでも遊べます

画像1
画像2
そして本日特に推したいのが、3階・体験フロアにある「光と遊ぼう! Hikariコミニケーション」。
人の動きに反応して動く、モーショングラフィックです。
普段田舎に住んでいるとそんな科学技術の粋に触れることがないので、かなりテンションが上がります。

●画像1枚目… 床に映っているのは一面の菜の花と、その上をふわふわ飛んでいるモンシロチョウ。
●画像2枚目… 菜の花畑に飛び込むと、花が一斉にさざめきました。(画像が変化した!)
           ちょうちょだけが足元をひらひらしています。

このプログラム、いくつか種類があるようで、時間が経過すると画像は全く違うものに変化しました。↓↓
画像1
画像2
画像3
画像4
同じ床が、今度は海原に。時々様々な魚が泳いできます。

●画像1枚目 乗ってみると水飛沫や波紋が立って、魚がぐんぐん逃げていきます。
●画像2枚目 何とか逃げる魚をつかまえようとしているお姉さんのお尻に、不審なカゲが近寄る…
●画像3枚目 小さい白いイルカ・スナメリでした。渥美半島周辺の海で出没するそうです。
      魚と違って人懐っこいスナメリ(の映像)、人をめがけて近づいてきます。
●画像4枚目 いつの間にか色々なモノに取り囲まれているお姉さん。
       最早モーショングラフィック上のディズニープリンセス……

こういった体験できる遊びが好きなのは何も私やお姉さんだけではないようで、このモーショングラフィックの床はお子様でいっぱいになっていることも良くありますし、小さなお子様が床の上でクロールしている(!)所も見たことがあります。
また、こちらは主に展望を楽しみにだと思いますが、この日は地元老人ホームの方々が館内を車いすで和やかにまわっていらっしゃいました。
さて、こんな風に天候が悪くても楽しめたりする蔵王山展望台。お子様連れの方は特にいかがでしょうか。
蔵王山展望台 住所 愛知県田原市浦町1-46
電話 0531-22-0426
定休日 カフェと売店のみ火曜定休
入館料 無料
営業時間 展望台・エントランスフロア 9:00~22:00
カフェ・売店        10:00~16:00
その他 駐車場は第1~第4までと多いのですが、そこまでの道路が狭め。
すれ違えない個所もあるので対向車にお気を付けください。(あまりありませんけど^^)

もっと詳しく! 蔵王山展望台公式サイトはコチラ

MORE

PAGE TOP