ブログ

2019.06.10

花のあとは・・・。

953 view

スタッフ名:自然観察員 藤江

 こんにちは!いつもありがとうございます。自然観察サポーターの藤江です。

早速ですが、今日のブログネタはヤブツバキとシロツメクサにします!
聞いて下さい。毎回、不思議に思うことがあります。
今日はどのコを紹介しようかな?って思いながら園内を散策していると、ちゃんと「今日はワタシね。」って、知らせてくれるんです。
わかりました、と言ってそのコを写真に収めます。というコトで、どうぞ、ご覧ください!
ヤブツバキの果実です。熟して裂開すると種子が顔を出します。日本産のツバキは3種あり、ヤブツバキ、ユキツバキ、リンゴツバキ(ヤクシマツバキ)です。リンゴツバキは果皮が厚くてリンゴみたいな果実ができます。ツバキは園芸種もたくさんありますね。やっぱり私はヤブツバキが好みです。何でかって?渥美半島を代表する樹木のひとつですから♪
シロツメクサというと子供の頃、花かんむりを作った記憶があります。今作れるかなぁ?怪しいですが…。あと、四つ葉のクローバーも探しましたね。見つけると嬉しくて、それが”宝物”になり大事にとっておきました。ヨーロッパ原産のシロツメクサ。雑草防止、土壌浸食防止などに利用されているそうです。
PAGE TOP