ブログ

2018.12.29

ライバル登場?!

770 view

スタッフ名:自然観察サポーター 藤江

こんにちは、いつもありがとうございます。自然観察サポーターの藤江です。今日、朝の観察会で”むむっ!”と思う事がありました。それは私がある樹木について解説を始めようとしたら「クスノキ…。」とつぶやきが聞こえてき ました。そう呟いたのは、参加者の男の子だったんです!”むむっ!ただモノじゃないな!!”そう思って、色々聞いてみると、植物や虫などが好きという事でした。やっぱり!『好き』というのは最強ですね。散策中、その子は知識が豊富だったので私の出番は危うかったです(苦笑)本日、観察会に参加された皆さま、寒い中ありがとうございました!!
というコトで?葉っぱを見ただけで「クスノキ」と呟いてくれた時の樹木を紹介します。詳しくはクスノキの仲間、クスノキ科で名前はヤブニッケイです。この樹も渥美半島の海岸辺りや森でよく見られます。よく似たものにシロダモがあり、これも同じような環境に生育しています。
 
散策中、足元に注意しながら歩いているとこんな感じの植物(画像)を目にすることがあるかと思います。このような形を『ロゼット』といい、ベタっと地面に葉っぱが平らに広がっています。種類にもよりますが、このような形で冬を越す植物がいます。ちなみに『ロゼット』とは、バラの花から由来する言葉だそうです。
PAGE TOP