ブログ

2018.12.15

身近な植物を”知る”と面白いです!自然観察が楽しくなります!

567 view

スタッフ名:自然観察員 藤江

 いつもありがとうございます。自然観察サポーターの藤江です。
今日は、ど寒い中『自然観察会』に何名か参加してくださいました!有り難いです(^O^)/

 さて、タイトルにもある通り身近に ある植物たちを”知る”と面白いです。
何が面白いかって?ただ歩くだけの散策より「あっ、このコ(植物)は○○だよね。」とか「こっちのコ(植物)は、昔は□□に使われていたんだよね。」って思いながら歩くと楽しくないですか?
調べるにはちょっとめんどくさいなぁ、そこまでしてはいいかなぁ。なんて声が聞こえてきそうですが…

 そこで!簡単に?植物たちを身近に感じる事が出来るコトがあります!
それは、休暇村伊良湖に隣接されている”いらご さららパーク”の自然観察会(朝のお散歩会)に参加するコトです♪
どうですか?信じるか信じないかはアナタ次第です!(笑)
バラ科のテリハノイバラ。この果実は、利尿、便秘、にきび、はれもの、解毒作用があるそうです。園内では、案内看板『水辺と池の生き物』の近くの斜面にヘクソカズラの実と一緒に見られますよ。
アカネ科のヘクソガズラ。日本各地に分布しています。この果実、ひび、あかぎれ、しもやけなどの効用があるそうです。みどり池にある案内看板『水辺と池の生き物』の近くの斜面で見られます。テリハノイバラの実より多くはびこっていませんが皆さん探してみてね。

PAGE TOP