ブログ

2018.09.30

台風明けが狙い目との予測も?! 伊良湖岬、『鷹の渡り』

1,211 view

スタッフ名:筒井

伊良湖岬の秋の風物詩・『鷹の渡り』。
冬を前に、様々な鳥が北方の各地から、伊良湖岬を経由して南方の越冬地へと渡っていくのですが、中でも普段中々見ることのできない「鷹の仲間」を数多く見ることができる、というところから、多くのバードウォッチャーに愛されている大自然のイベントです。

絶好の観察地として有名な『恋路ヶ浜駐車場』(休暇村から車で7分程)は、週末になると
←こんな感じ で、
愛鳥家さんや写真愛好家さん方で賑わいます。
画像1
特に数多く見られるのがやや小型(ハシブトガラス位)の鷹「サシバ」、
サシバより若干遅い時期に渡りのピークを迎えるのがもっと小型(カモくらい)の「ツミ」、
そしてかなり大きくて(トビよりちょっと小柄なくらい)頭が小さいモデル体型の「ハチクマ」。

岬から海を渡っていかないけれど、岬付近で越冬準備中なのが「ハヤブサ」や「ノスリ」(渡っていくものも)。伊良湖岬では中々見られないとされているアカハラタカももう目撃されています。


こういった渡り鳥たちは、基本、雨天や強風時にはあまり渡りを行いません。まぁ、ワタクシも彼ら同様鳥でしたら、天気が悪い日の伊勢湾越えは絶対避けたいところです… 落ちたら泳げませんし……

そこで、雨天だった昨日と、台風到来な本日は、多くの渡り鳥は伊良湖岬でキャンプ中なハズ。
そして、台風後の天気が良く・強風が収まった日に一斉に、渡りを再開するものと思われます。
(「台風後、きっと沢山見られるよ」と、長年恋路ヶ浜で鷹の渡りをカウントし続けている山本さんも太鼓判!)

元々サシバの渡りのピークは例年10月上旬、そこにこの台風で渡れず岬に溜まっていた勢も加わると、どんな数になるのでしょうか。期待が膨らみますね!




愛鳥家の皆様は是非、ここ数日のご予定をチェックチェック★
お日にちが合いましたらこの機会を逃さずお早めに、
そして勿論天気予報とも相談の上、伊良湖へ是非お越しください。
地元の鳥博士・山本さん方の貴重な恋路ヶ浜観測記録はこちら!
9月23日(晴れ) サシバ361 ハチクマ96 ツミ14 チゴハヤブサ1 アカハラタカ1
9月24日(晴れ・曇り) サシバ110 ハチクマ9 ツミ10 チゴハヤブサ3
9月26日(曇り) サシバ57 ツミ2
9月28日(晴れ) サシバ106 ハチクマ15 ツミ13
9月29日(雨) (悪天候の為観測せず)
9月30日(雨・強風)   台風! 

MORE

PAGE TOP