イベント

2023.05.07

参加しないのは勿体ない!?早朝参拝 朝御饌祭(あさみけさい)

2,119 view

スタッフ名:五日市

休暇村庄内羽黒では、月・水・金・日曜日に「早朝参拝 朝御饌祭(あさみけさい)ツアー」というプログラムを実施しています。
多くのお客様にご好評をいただいているだけではなく、私自身初めて参加した際に「これはすごい…」と大変感激したため、ご紹介いたします。
朝御饌祭とは
朝御饌祭とは、神様に朝のお食事(御饌 みけ)を捧げる神事のこと。
この神事を、羽黒山山頂にある出羽三山神社の三神合祭殿(いわゆる本殿)の内部で間近にご覧いただけます。
通常は宿坊に宿泊された方などしか参加できませんが、休暇村庄内羽黒にご宿泊の方は手軽にご参加いただく事が可能です。

 
早朝の静寂と荘厳な出羽三山神社
朝御饌祭の開始が7:00なので、休暇村庄内羽黒を6:40に出発します。
送迎の車に10分ほどご乗車いただき、出羽三山神社へ。
車から降りると、聞こえるのは鳥のさえずりと砂利を踏む足音だけ。
清々しい空気と荘厳な三神合祭殿が相まって、その場に降り立っただけでも「来てよかった!」と感じられます。
 
画像1
画像2
画像3
三神合祭殿へ
三神合祭殿の内部へ入り、7:00の開始までの間、数分お待ちいただくこととなります。
静まり返った空間で装飾の施された建築美を眺めるこの数分間は、都会では味わうことのできない、まさに非日常。待ち時間でさえ、貴重な体験に思えてきます。
太鼓の音とともに神事が開始されます
少し重い太鼓の音が鳴り響き、朝御饌祭が始まります。
神職の方がお供え物を乗せた台をお供えし、拝詞を奏上します。
中でも「三山拝詞」は月山神社、出羽神社、湯殿山神社それぞれの神様へのお祈りを唱えており、節がとても美しいのが特徴です。神職の方が奏上する拝詞にはお祓いや神々を拝する意味がありますので、二つの意味で心が洗われます。
画像1
画像2
画像3
一緒にお祈りされたお守り付き
朝御饌祭をご覧いただいた後には、一緒にお祈りされたお守りを頂けます。
休暇村庄内羽黒ご利用のお客様の中には、このお守りを1年間大事に携帯し、お礼参りにお越しになる方もいらっしゃいます。
いかがでしたか。
休暇村庄内羽黒でなければなかなか参加することも難しい朝御饌祭。
参加しないのは勿体ないですよ!
ただし、休暇村がお連れするのは週に4日ですので、下記の概要をよくご確認ください。
実施日 通年 日・月・水・金曜日(毎月1日と15日、及び特別祭時は催行がありません。)
該当する日の前日にご宿泊いただき、翌朝ご参加いただきます。
予約方法 前日17:30までの要予約。チェックイン時に参加希望の旨お申しつけください。
時間 6:40 休暇村出発 見学後 8:00頃戻り
参加費 1,000円 お守り代込み

インスタグラム投稿キャンペーン 北国のあんめえもん

MORE

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP