その他

2012.09.14

不朽の名作 「二十四の瞳」

不朽の名作 「二十四の瞳」
香川県の小豆島を舞台に書かれた、作家 壺井 榮の代表作が「二十四の瞳」です。今までに2回映画化されております。1回目の上映は、1954年9月14日に封切られました。今から58年前のことです。天才 木下恵介監督の代表作でもあります。小豆島には、「二十四の瞳」の映画のセットなどを保存している「映画村」があります。岬の分教場やボンネットバスなど、昭和初期にタイムスリップした気分を味わえますよ。これから紅葉シーズンを迎える小豆島にお出かけの際は、是非お立寄りいただければと思います。事前に映画のDVDをご覧になられますと更にお楽しみ頂けると思います。秋の夜長にオススメの1本です。
PAGE TOP