ブログ

2024.07.10

夏に涼を求めて是非「瀧谷寺」へ!特に参道が

156 view

スタッフ名:杉森

画像1
こんにちは!
大谷選手がリーチです。現在7月9日、ホームラン数が199本。後1本で大リーグ通算200本に到達します。それに日本人選手単独2位となるメジャー通算103盗塁を決めたが、1位のレジェンドの異次元盗塁数が凄すぎました。1位のイチロー氏は509盗塁、大谷選手の約5倍の盗塁数をマーク。大谷選手ばかりクローズアップされていますが、やはり世界のイチローの凄さを改めて感じている今日この頃皆さん如何お過ごしでしょうか。
スタッフの杉森です。

今回は「瀧谷寺」をご紹介したいと思います。タイトル通り夏に最適な、そして心落ち着かせてくれる素敵なお寺です。その魅力をお伝えしたいと思います。
画像1
「瀧谷寺」とは…
南北時代の1381年、睿憲上人(えいけんしょうにん)が開山した寺で越前における真言宗智山派の有力寺院のひとつです。本尊は薬師如来で多くの塔頭・末寺を持っていました。また三国湊が交易の重要な要所だった為、朝倉氏、柴田氏、福井藩松平家、丸岡藩有馬家など、歴代国主領主の祈願所として手厚い保護を受けてきました。
別世界を感じさせる参道
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
~緑と笏谷石の敷石~
境内への参道を進んでいきます。この緑と笏谷石の敷石を、歴史上の人物が同じ景色をみて祈願に向かったと思うと感慨深いものがあります。また、笏谷石の青色が清涼感を醸し出し、より一層涼しさを感じます。
 
長い参道を進むと山門(鐘桜門)が見えてきます。この山門は柴田勝家が寄進によって建立されたと伝えられています。
ようやく山門に到着すると、山門越しに「糸桜」が出迎えてくれます。この「糸桜」は地元の民謡「三国節」の歌詞にも出てきます。
画像1
画像2
画像3
~心奪われる「美しさ」と「落ち着き」~
本堂の裏手には築山式池泉庭園があります。当寺の庭園は実測515坪(1700平方米)あり、その築造年代は詳ではないが慶長年間から江戸時代中期の作と言われています。
 昭和4年に日本名勝庭園の一つとして、文部省より福井県下最初の指定を受けた山水庭園であり、四季に彩られる美しさを楽しむことができます。林泉は、本堂より書院にわたって丘陵の斜面に作庭されています。山麓の露岩を利用して小池を築き、古松野に向かい、つつじ等の矮樹を配置しています。椎、樅、高野槙などの巨樹を背景にした庭園を客殿から眺めていると心が落ち着いて時間を忘れます。

今回の「瀧谷寺」“たきだんじ”はいかがでしたか?交易の中心として栄えた町の寺院だけに、スマートに豪華な佇まいとなっています。とても心落ち着かせるいい雰囲気のスポットなので、一度福井に来られた際にはお寄りください。もちろん休暇村越前三国もお待ちしております。

「瀧谷寺」福井県坂井市三国町滝谷1-7-15 休暇村越前三国より車で約10分
 

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP