ブログ

2017.06.20

漁火を眺めに海岸へ

794 view

夏の期間だけ目にすることができる漁火。「いさりび」あるいは「ぎょか」と読みます。
越前三国の美しい夕日が沈む頃、バトンタッチするようにして漁船が海へと出発していくそうです。
闇夜の中に浮かぶ漁火はとても幻想的で、波音や潮風が一層引き立てます。
休暇村越前三国へ起こしの際は、日が暮れて涼しくなってきた頃、海岸へと足を運んでみてはいかがでしょうか。
PAGE TOP