ブログ

2020.08.21

甘い香りに誘われる秋の七草「クズ(葛)」の花

5,364 view

スタッフ名:上木

こんにちは。
真夏日が続いています。
暑いですが、休暇村内園地をちょっと歩いてみますと香水のような甘くいい香りのする「クズ(葛)」の花に出会いました。

今が見頃、咲き頃の花
秋の七草の一つ
「クズ(葛)」
 
マメ科の多年生ツル植物
原産地は日本、中国で、花言葉は「活力」「芯の強さ」「治癒」「根気」「努力」。
 
葛といえば思い浮かべると
食材の「葛粉」
漢方薬の「葛根湯」
 
でしょうか。
古くから日本人の生活に関わってきた植物ですね。
 
調べますと、今流行りの食べられるお花「エディブルフラワー」の元祖ともいえるものが、「クズ(葛)」の花だそうです。栄養価が高いとされ、特にイソフラボンが豊富に含まれるとか。
 
すごい植物ですね。
知りませんでした。
葛の花穂は下から上へと咲くのが特徴です。これはまだ蕾ですが、下の方が先に赤紫色に色付いているのが分かります。

下部の花が咲き始めていますね。
上の花はまだ蕾を触ると固く、下の花が咲き終わるのを待っているようです。
ツル「根気」「努力」の花言葉で表されているように、繁殖力も強く、地面を這うように伸びていくのが特徴です。
見つけた葛も他の植物に巻きつきながら10m程にツルを伸ばしていました。



秋の七草が咲き出しました。
秋の訪れでしょうか。
そろそろこの暑さも和らいでくれるといいですね。

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP