観光

2019.11.22

越前和紙を体験しよう~♪♪

245 view

スタッフ名:ペ ギョンウン

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
福井県には昔から越前和紙という和紙があります。福井県越前市今立地区で製造される和紙のことで称しまして、その越前和紙を皆様に広げるため頑張っている場所をご紹介します。
 
「越前和紙の里」です。

「越前和紙の里」は「紙の文化博物館」、「卯立の工芸館」、「パピルス館」を結ぶ全長230Mの通りを中心とした観光地です。「越前和紙の里」は和紙をテーマにしておりますので、和紙の魅力を感じれる場所のひとつです。

簡単にご紹介をすると。。。

まず、「紙の文化博物館」は、映像やパネルを使って越前和紙の発祥や歴史などをわかりやすく展示しています。日本唯一の紙の神様「川上御前」を祀る『岡太神社・大瀧神社』に関することも学べます。
2箇所目の「卯立の工芸館」は江戸時代中期の紙漉き家屋を移築復元した建物で運営をしておりまして、伝統工芸士が昔ながらの道具を使って和紙をつくる工程を見ることができます。昔ながらの道具を使ってわしを漉く様子や特外で和紙天日干しなど和紙を作られる一連の工程を見られる場所は全国にここしかないです。
最後に、「パピルス館」は和紙の紙漉きの体験で私だけの和紙が作れます。500~2800円の体験料金で、色紙の形やコースタの形、あかりのカバーなど色々の形で体験できます。この施設では和紙に作っている様々なものを販売しているので、記念品を買う時に寄っても大丈夫です。
 
 和紙漉きの体験をしたことはありますが、その和紙に関する歴史、発祥、昔ながらの道具で作る工程などをまとめて感じて学んだことは初めてでした。そして、「越前和紙の里」を行ってきて、物を作ることが人の手だけではなく、自然の力も必要ということを最も感じました。


皆様も、福井県旅行の記念品として和紙作って、和紙の歴史を学んで、和紙の魅力を感じてみませんか??




★問い合わせ★
「越前和紙の里」
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 
fax:0778-42-2425
http://www.echizenwashi.jp/index.php
卯立の工芸館の中です。
パピルス館の売店です。
PAGE TOP