ブログ

2019.07.21

“三國湊”をゆく・・・レトロ&クラシカルな「旧森田銀行本店」

228 view

スタッフ名:浅野

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
三國湊のレトロ&クラシカルの象徴ともいえる「旧森田銀行本店」に行ってきました。
週2~3回は通称“きゅうもり”こと「旧森田銀行本店」の前を通るのですが、久しぶりに立ち寄ってじっくりと見てきました。この日は日差しが強くて暑かったのですが、“きゅうもり”の中に入るとエアコンもないのにひんやりと涼しく感じました。カベが厚くてしっかりした造りであるという歴史を実感です。ちなみに1920年(大正9年)築で、福井県内にある最古の鉄筋コンクリート建築でもあります。写真ではレンガ造りのように見えますが、鉄筋コンクリートに茶色のタイルを貼り付けているそうです。室内は吹き抜けになっていて、真っ白の天井に豪華な漆喰彫刻があります。2Fに上がると回廊から“こて絵”いう直径2m・厚さ50cmの立体感のある漆喰彫刻を見ることができます。パッと見には気づかない天井に豪華な彫刻を施すという、豪商・森田家の心意気を感じます。また写真では分かりにくいのですが、黒光りしている柱や床・廊下の木のレトロ感が歴史を感じさせてくれます。他にも当時のままのヒノキの一枚板の銀行カウンターや応接室・会議室も見ることができますし、1Fロビーは写真展はじめ地元のイベントスペースにもなっています。三國湊のレトロ人気の町おこしの原点が“きゅうもり”にあります。

休暇村越前三国では、地元ボランティアガイドとタイアップして「三国湊町歴史散策」という有料プログラムを開催しています。お一人様¥1,000-の参加費で(2名以上)、北前船の寄港地として栄えた三國湊をボランティアガイドと約1時間(10:00~11:00)の歴史散策です。三國湊の「マチノクラ」「旧岸名家」「三国湊町屋館」「旧森田銀行本店」などを巡ります(各施設の入館料込なのでお得です)。5日前までの予約制です(休暇村から無料送迎あり)。

「旧森田銀行本店」
 福井県坂井市三国町南本町3-3-26
 TEL:0776-82-0299
 開館時間:9:00~17:00
 休館日:年末年始(12/29~1/3)
 入館料:無料
この右から読ませる看板・・・・・歴史感があって個人的に大好きです。
赤いジャンパーが地元ボランティアガイドの目印です。

MORE

PAGE TOP