ブログ

2019.06.29

“三國湊”をゆく・・・「旧岸名家」に行ってきました!

310 view

スタッフ名:浅野

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
「旧岸名家」がある“きたまえ通り”です。カグラ建ての古い町並みが続いてます。
ブログにこの写真をアップしていいか?迷いましたが、「旧岸名家」のこの便器で用を足してみたいです。
久しぶりに「旧岸名家」へ行ってみました。
北前船で栄えた江戸時代の三國湊の豪商の町家を一般公開していて歴史好きにはたまりません。
“ボランティアガイドきたまえ三国”の皆様がここに常駐してますので、歴史好きの私にとってはいろいろと三國湊の歴史を語りあえる“歴史スポット”です。ブラタモリの取材で、タモリさんも立ち寄って三国箪笥(タンス)について考察していったとのことです(写真④:帳場の奥にあるのが三国箪笥)。外観は「カグラ建て」といって、妻入屋根を直角に組み合わせている三国独特の建築です(写真①:1階と2階の屋根がクロスしています)。家の中は床には笏谷石(シャクダニイシ)という緑色の福井特産の石が敷き詰められてます(写真②:中央)。中庭が必ずあります。雪国でもあるので、屋根の雪を降ろすためのスペースです(写真③)。2階も見学できますが、昔の家はころげ落ちそうなくらい階段も急です(写真⑤)。見学だけでなく、ボランティアガイドの皆様との会話を楽しめる三國湊の癒しスポットでもあります。ぜひ、「旧岸名家」に寄ってみてください。

「旧岸名家」・・・江戸末期(天保年間)の材木商の町家(H16年修復/一般公開)
         営業時間 9:00~17:00
         定休日  水曜日、年末年始
         住 所  福井県坂井市三国町北本町4-6-54
         電 話  0776-82-0947
         拝観料  ¥100-
         

MORE

PAGE TOP