旅行記

2019.04.24

“三國湊”をゆく・・・Vol.6

489 view

スタッフ名:浅野

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
「三国港」へ行ってきました!
ちなみにブログのタイトルで使ってる「三國湊(みくにみなと)」は、地上部分の人が集まっているところを指していて、「三国港(みくにこう)」は水上部分の港湾機能を指しています。今回のブログでは、“三國湊をゆく”と言っておきながら“三国港へ行く”という矛盾をかかえてしまいました。

三国港には底引き網漁の漁船が1艘停泊していました。遠目にはそれほど大きなフネではないと思ったのですが、近づくと迫力がありますね(1枚目~2枚目)。今日は天気が良くて海も穏やかで“絶好の釣り日和”と思われたのですが、三国港周辺では誰一人釣りをしている人はいませんでした(3枚目)。私は釣りはしないのですが“の~んびりと昼寝しながら釣りでもしてみたい”と思ったほど、気持ちいい潮風が吹いてました。
三国港のセリ(市場)は夕方からなので、日中は誰もいません(4枚目)。魚市場というと朝早くからセリで活気があるというイメージですが、三国港は漁船が17:00頃に帰港してきて、18:30からセリがはじまります。そういうわけで、カメラで撮るようなネタが全くなくて困ってしまったため、三国港のすぐ近くにある大きなカニの看板が目印の「田島魚問屋」さんに寄ってきました(5枚目)。休暇村越前三国の料理食材の魚貝類のほとんどが「田島魚問屋」さんから仕入れています。個人的に、田島魚問屋さんの“一夜干しカレイ”の干物が大好きです。スーパーで売っている干物とは格段の味の差があるのに、5枚で¥1,080は安いと思います。私のイチオシです。海産物のお土産を買うなら、ぜひ田島魚問屋さんに寄ってみてください。田島魚問屋さんでのお買いものが5%割引になる「特別ご優待券」がフロントにあります。

「三国港 田島魚問屋」
 福井県坂井市三国町宿1-10-12
 TEL0776-82-6462
PAGE TOP