ブログ

2018.10.11

美肌効果に期待!!三国温泉「荒磯の湯」をさらに楽しむ入浴法

196 view

スタッフ名:秋元 崇志

休暇村にある三国温泉「荒磯の湯」(ありそのゆ)は

保温効果が高く、美肌効果も期待できる「美人の湯」として評判です。
 
画像1
泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉
 
弱アルカリ性の泉質なのでそのまま入っても滑らかな肌触りを実感していただけますが、

せっかくの温泉をもっと楽しむ入浴法をご紹介します。
 
画像1
その1つが、ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法です。

HSPは、ストレスで傷ついた細胞を修復して、
もとの元気な細胞にしてくれるたんぱく質のことで熱によるストレスで多く作られます。

入浴方法は以下の4点です。
①入浴前に500ml程の水分補給
②湯温41℃で15分入浴(荒磯の湯は湯温約41℃です)
③入浴後10~20分間、体温を下げないように保温
④同時に500ml程の水分補給

HSPが最も増加するのは、2日後をピークに1~3日後になります。

ご自身の体調と相談されながら、三国温泉の効能をお楽しみください。

ご入浴時間 5:00~9:30、11:30~24:00
日帰り入浴 11:30~15:00
※金曜日は9:30~14:30までの間メンテナンスため入浴ができません。
PAGE TOP