ブログ

2018.07.22

夕焼けと日本海に浮かぶ漁火

646 view

スタッフ名:村井

画像1
写真は午後7時半頃のニの浜海岸です。
日が沈んだあと、夕焼けの名残の中に見えてくるのが「漁火(いさりび)」で、漁船が魚をおびき寄せるために焚くかがり火をいいます。
今の時期はイカ釣り船が出ているようで、日本海に浮かぶ漁火はなんとも幻想的です。
 
ニの浜海岸は休暇村から歩いて5分程。
お越しになられた際にぜひ足を運ばれて見てはいかがでしょう。
PAGE TOP