ブログ

2018.02.26

大塩裏磐梯温泉は山塩の由来!

1,097 view

スタッフ名:菊地 春菜

休暇村裏磐梯からお車で約30分「大塩裏磐梯温泉」があります。
この地域の名称が「大塩」というのには理由があります。
その昔村中に塩井(塩の出る井戸)があるので「大塩」と名づけられたと言います。
平安時代の始めに空海(弘法大師)がこの村に来ておばあさんの家に泊まったが、塩が乏しく困っているのを見てそのおばあさんの為に護摩をたいて祈祷すること17日、塩水が岩の中から湧き出したといわれています。
今回ご紹介させていただくのは数ある大塩温泉の中でも「ホテル観山」さんの温泉です。
泉質は弱食塩泉。
効能はリウマチ・ヘルニア・皮膚病・アトピー・神経痛。
入ると本当に温まる温泉でほっと一息いかがですか?お一人様1000円でご利用いただけます。
お時間はお問い合わせいただいてから足をお運びください。
℡ 0241-33-2233

女湯・男湯と違った面持ち。
 
浴槽の中に大きな岩を配した渓流露天風呂はかなりのインパクト!
会津山塩は大塩温泉の温泉水からできています。
PAGE TOP