観光

2017.11.22

会津藩の鎮守「土津神社」

735 view

スタッフ名:万開

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

 会津藩松平家初代藩主 保科正之公が祀られた土津神社

大きな白い鳥居が猪苗代湖に向かってそびえ立ち、磐梯山の麓猪苗代町に鎮座する「土津神社」
「はにつ神社」と読みます
二代将軍秀忠の第四子会津藩松平家の初代藩主 保科正之公が祀られています。
正之公は領内の政治・産業・文化・教育・武道の基盤を定められた方、又幕府には真道方を置き
真道精神復興に大きな貢献をされた為土津霊神の霊号を受けられました。
戊辰戦争の戦火により一度消失してしまいましたが、明治13年に再建され現在に至っています。
境内には、皇室の方々が手植えされた松の木や、元内閣総理大臣小泉純一郎氏が手植えされた黒松も
ありました。
参拝を終え神社の階段を降りてくると眼下に猪苗代の町並が広がり、その奥には猪苗代湖を望むことができます。
ゆっくりと会津の歴史に触れてみてはいかがでしょうか。
※休暇村から車で約30分
PAGE TOP