グルメ

2020.11.28

いよいよ新そばの季節! ~会津のそばのおいしさを堪能あれ!

529 view

スタッフ名:高梨

画像1
 収穫から十分な乾燥追熟が必要な新そばですが、このごろ磐梯山周辺のどこの名店でも「新そば」ののぼりが目立つようになってきました。いよいよ新そばの季節です!
 
 実は、最近は低温保存のシステムが確立し、ほぼ一年中おいしいそばが食べられるようになりましたが、やはり新そばの、ほのかな薄緑色と香りは格別で、季節の風物詩です。
 大のそば好きの私としても、今回は会津のそばを紹介したいと思います。

 まずラーメンと同様にそばも国民食となってきましたので、多くのファンがいてそれぞれ好みがありますので、「蕎麦はこうであらねばならぬ!」とあまりいいたくはありません。(少しは言うかもしれませんが?!) あくまで私の好きなそば、人気の高い会津の名店について紹介します。

 
画像1
画像2
   (写真) 美味しいそばをよく見るとこんな感じ。透明がかっています。

 まず、おいしいそばは、食べる前から分かります。店に入るとそばのゆで汁からいい香りがしますし、そばの見た目に透明感があります。香りとこしの強さが大切。のど越しのよさは求めません。ソーメンやうどんのようなのど越しは却って気持ち悪いし、香りのないそばが多いようです。

 最近、音を立てずに食べる人が増えていますが、やはりそばは、落語に出てくるように、ズズズーッと大きな音を立てて食べます。そして口の中で数回(多くても10回以内)噛んだら、丸呑みします。そうすると2~3㎝に裁断されたそばが暴れながら食道を下り、その時、四角なそばの角が食道の壁を刺激し、得も言われぬ快感に恍惚となります。そして飲み込み、フウーッと息を漏らすと、今度は鼻孔の奥で甘い香りを強く感じます。胃袋に収まり冷たさを感じると、そばを食べる爽快感で、思わず「旨いっ!」と唸ります。これが私のそばの食べ方。冷水でよく締められた、かおりの強さとこしの強さを求めます。
 こうしたそばは、ほぼ例外なくアメ色とも半透明とも言われる、少し黒ずんだ色のそばです。こうしたそばを安定して出すそば屋が名店と言われているようです。
 
画像1
画像2
  (写真)冷たいそばを食べ続けると味覚がマヒしますので、一休みして温かいものを食べま
     す。天ぷらや、会津ではやりのミニソースかつ丼とのセットなど、好都合です。

 従来より会津の名店は、喜多方市山都町、会津若松市が多かったですが、猪苗代町、北塩原村、磐梯町の、磐梯山周辺の3町村が最近トップレベルとなってきました。各名店については、「食べログ」等のおススメにほとんど載っておりますし、駐車場の他県ナンバーの多さが物語っていますので、省略することにします。
「会津のかおり」という優れた在来種が、標高400~900mのそば栽培好適地で栽培され、「湯ごね」が定着して十割そばにこだわるそば打ち名人が増えてきたからのようです。
 
画像1
画像2
(写真) 会津盆地を見下ろす斜面のようなところがそばの栽培に好適。盆地の中は米どころです
    がこのようなところでは、良いそばは採れません。そばと米は両立しません。
     雪景色の写真は、飯豊山と会津盆地です。手前の所が、冬のそば畑です。

 休暇村裏磐梯で高原ライフを楽しんだあと、信州・常陸・越前・出雲に優るとも劣らない、会津そばの極上の食楽を味わってください!
 
PAGE TOP