ブログ

2018.12.23

冬でも枯れない植物!素敵な伝説があった☆

841 view

スタッフ名:渡部 みさき

裏磐梯の木々はほとんど落葉樹です。
そんな中、冬になると目につくようになる樹木があります。
樹木の上の方を見てみると、緑色の玉のようなものがあります。
「ヤドリギ」と言って他の木の栄養を吸って生きる寄生植物なのです!
「宿り木」と書きます。
ヤドリギは秋に実をつけ、鳥が食べます。

鳥の糞に種子が混じって樹木の枝に落ちることで増えます。
(私もわからなかったので調べました!)
 
ヤドリギには素敵な伝説があります☆
ヨーロッパでは「愛の木」とも言われ、クリスマスの季節に恋人同士がヤドリギの下で会うと幸せになれる。と言われています(*´▽`)

冬でも枯れない縁起が良い植物なんですね!!!
画像1
裏磐梯では榛の木(はんのき)や柳の木にヤドリギが見られます!

休暇村周辺でもたくさん見ることができますので、ぜひ探してみてくださいね!!
PAGE TOP