観光

2018.11.12

幻想的!会津の歴史が作り出した空間!

385 view

スタッフ名:船山忠紀(冒険者になりたい)

紅葉した木々の葉も散り、冬の訪れを待つ、裏磐梯の小野川湖の風景の一枚です。
大きな虹が湖の対岸に架かっていました。

こんにちは!
映画やRPGゲームなど幻想的な世界の空間の中を物語の主人公になって冒険したい!
そんなことを考えることってありませんか?きっとありますよね?あると思います!

絶景の中をまるで冒険してるかのような気分を味わえ、タイムスリップした感覚で観光を楽しめる場所が、ここ、福島県の南会津にあります。

本日は南会津郡西郷町の景勝地、二つのスポットをご紹介します。
 
一つ目は『死ぬまでに一度は見ておきたい渓谷美』と呼ばれている景勝地の『塔のへつり』です。
国の天然記念物指定の『塔のへつり』とは一体何か、、、?
‘‘へつり’’とは川岸が切り立った崖のこと。
こちらの崖は100万年もの長い歳月をかけ、浸食と風化を繰り返して形成されました。
奇妙な形の岩が塔のごとく、そそり立っているように見えることから『塔のへつり』と呼ばれています。
上から見下ろした渓谷は絶景。
川岸に降りて、つり橋の先には何があるのか。
考えるだけでワクワクしてきますね♪
岩肌を眺めてみると地層が何層にも重なっており、
今でこそ穏やかなこの川が絶景を作りだして今の形があることを考えると感概深いものがあります。
目の前に立ちはだかる吊り橋がスリル満点!
カップルで渡れば『吊り橋効果』!?
目指す対岸の上までも高さがあるので高所恐怖症の方は注意!
吊り橋を渡り、登った先にあるのが岩の中に作ったお堂。知恵や福徳をもたらす菩薩様がいらっしゃる開運パワースポットとのこと。
お祈りいたしました。
二つ目のスポットは、塔のへつりから車で約15~20分。
江戸時代から下野街道の宿場町として栄えた『大内宿』です。
こちらは国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。
茅葺屋根の家屋がそのまま残り、立ち並んでおります。その中を歩いていると江戸時代にタイムスリップした感覚を味わえます。
町のなかを抜けると、小高い丘へと上がれる山道の散策を楽しめます。
こちらには神社があり、江戸時代からの人々の信仰の歴史深さを感じます。
大内宿に訪れたら、味わいたいのが『ネギそば』こと『高遠そば』。
旅の思い出にピッタリ!
鰹節乗せ・大根おろし入りの付け汁の蕎麦を、ネギ一本で食べるという、大内宿ならではのワイルドな蕎麦です。
<お問い合わせ>
住所:〒969-5204 福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林
電話番号:0241-68-2920(下郷町観光案内所)
アクセス:電車の場合、会津鉄道「塔のへつり駅」より徒歩3分。車の場合、大内宿から塔のへつりまで車で約20分の距離(無料の駐車場あり)。
PAGE TOP