その他

2013.12.19

狛犬ではなく、〇〇なんです!

狛犬ではなく、〇〇なんです!
狛犬ではなく、〇〇なんです!
先日、洲本市にある千光寺(せんこうじ)へ行って来ました。千光寺は先山(せんざん:標高448m)の頂上にあります。お寺の真下にある茶屋の手前の駐車スペースから歩いて階段を登りました。階段は頂上までで約200段あり、日頃の運動不足が解消されました。やっとの思いで山頂に辿り着くと、立派な本堂が見えてきました。普通の寺社では狛犬が出迎えてくれますが、この千光寺では狛犬の代わりに何と、狛猪(こまいのしし)が出迎えてくれます。何故狛猪なのか?狛猪に纏わるエピソードは以下の通りです。千光寺の本尊は千手観音です。その昔、狩人の忠太が為篠王(いざさおう)という白い大猪を追って播州から渡ってきました。大猪は矢を負ったまま海を渡って先山に逃げ、大猪を追ってこの山に入った忠太が猪に矢を射掛けたところ、それは大猪ではなく、実は千手千眼観世音菩薩様であって、忠太はその名を寂忍と改め、諸行を深く反省して出家し、この山に七堂伽藍を建立し、この菩薩を安置した。その為、本堂の前の狛犬は他所と違い、猪です。狛猪はとても可愛らしく、一見の価値があります。また、千光寺にある鰐口(天文15年)や銅鐘(弘安6年)は国の重要文化財に指定されていて見応えがあります。更に、山頂まで続く階段の途中にある展望台は洲本八景にも選ばれていて、天気が良ければ四国まで見渡す事ができます。千光寺には見所がたくさんありますので、近くへお越しの際は是非、お立ち寄りください。休暇村から千光寺までのアクセス:車で国道28号、県道469号、県道465号を経由して山頂手前の駐車スペースまで約1時間。レストラン 小椋
PAGE TOP