その他

2013.02.06

まさに〇の町 『津井』

まさに〇の町 『津井』
まさに〇の町 『津井』
私が育った南あわじ市の『津井』という町は、「瓦の町 津井」と言われるほど、瓦産業が盛んです。なので、町の色んなところに瓦が使われています!小学校に中学校、銀行、交番の屋根はもちろん瓦!!瓦粘土で作った個性的なオブジェが道路脇に並んでいるのも、瓦師が多いこの町ならでは。時折見かける、小さいお子さんが作ったであろう少し不格好な作品を見つけると、私も小さい頃、よく兄妹で祖母が働く工場へ遊びに行き、夢中で作品を作っていた時の楽しい気持ちと、独特の土の香りを思い出します。瓦は黒く、重く、冷たいです。しかし、人が手を加えた作品はとても暖かみがあり、見ている側が優しい気持ちになれる。それが、瓦の最大の魅力だと、私は思っています。瓦のオブジェは南あわじ市を中心に至る所にありますので、一度ゆっくりとご覧ください。作者の人柄が見えてくるかもしれません・・・。  レストラン 井上
PAGE TOP