その他

2017.04.09

淡路島のシャレオツなカフェ探訪 その②

淡路島のシャレオツなカフェ探訪 その②
淡路島のシャレオツなカフェ探訪 その②
淡路島のシャレオツなカフェ探訪 その②
淡路島のシャレオツなカフェ探訪 その②
淡路島のシャレオツなカフェ探訪 その②
こんにちは。この間休日を利用しまして洲本市本町に
ありますカフェ『233』さんへ行って参りました。
にーさんさんさん、さて3はいくつでSHOW TIME?

地番が屋号の由来というこちらのお店。ガラス張りの
店構えが凄くオシャンティー♪ シースルーのカフェって
淡路島には今までなかったと思いますYO。

また店内も凄い!アスファルトの床に梁剝き出しの天井、
無造作にぶらさがった裸電球etc、何ともアートな空間の
中に陶器や雑貨を陳列したギャラリーがあります。
木製の三脚イスがホントに私のツボで、買っちゃおうかと
本気で迷いましたYO。

手作りテーブルのお洒落なカフェスペースで、今回は
ランチメニューの『自家製ケチャップのオムライス』を
注文しました。

さっそく実食に行きまっSHOW TIME!「うんま=い!」
なるほど、このオムライス、凄く高級感があります。
名前にあるケチャップは淡路島のトマト農家・中田さんの
トマトと淡路島玉ねぎをスパイスでじっくりと煮込んだ
自家製デス☆ そして醬油バターで味付けしたチキン
ライスを包み込むふわとろタマゴは、地元淡路で超有名な
『北坂養鶏場』の卵を使用するというこだわり。

オムライスに付いているスープが、またオシャンティー♪
『酸辣湯』ですYOサンラータン!自家製ケチャップで
口の中がまったりした時にこのスープを飲むと、お口が
サッパリして、最後の一口まで美味しくオムライスを
いただくことができましたYON。

いや~、美味しかった!淡路島の『タワーコーヒー』を
飲みながら、食後の余韻にヨ~ウィ~ンっと浸ったのは
言うまでもありません。 ごちそうさまでした!

皆様も淡路島にお越しの際は是非、洲本のシャレオツな
カフェで、女子力の高いひと時を過ごされてはいかがで
SHOW TIME?

お問い合わせ:『233』 TEL0799-20-4488
       ※木曜定休日
神戸淡路鳴門自動車道・洲本ICより車で約15分

レストラン 山本
PAGE TOP