その他

2015.11.12

オーシャンビューの〇〇

オーシャンビューの〇〇
オーシャンビューの〇〇
先日、洲本市にある三熊山(みくまやま:標高132.6m)へ行って来ました。駐車場に車を停めて歩くと、すぐに立派な石垣が現れます。その石垣の脇の階段を登って行くと、頂上には洲本八景の一つである大阪湾を一望できる展望台が待っています。展望台のすぐ横には模擬天守があります。お気づきかもしれませんが、ここは洲本城跡です。展望台からの見晴らしは抜群で、大阪湾だけでなく遠くに先山(せんざん:標高448m)足元に洲本市の町並みを見渡す事の出来るオーシャンビューのお城なんです。洲本城は室町時代後期、1526年(大永6年)、三好氏の重臣・安宅治興が築城しました。16世紀末から17世紀初めにかけ豊臣秀吉に仕えた武将・脇坂安治によって完成しました。東西約800m、南北600mの遺構は西日本有数の規模で、加工しない自然石=野面石(のづらいし)を横位置に積む「穴太(あのう)積み」が特徴です。穴太積みとは織田信長が建てた安土城の石垣を、現在の大津市穴太地区の石工が築いたとされることから名付けられた技術です。皆様も近くへお立ち寄りの際は、是非、オーシャンビューのお城へ足を運んでみてはいかがでしょうか。洲本城へのアクセス:お車で、国道28号を洲本市街方面へ県道78号を経由し、洲本城跡の案内を右折駐車場から展望台までは徒歩10分程です。高速洲本ICから駐車場まで25分程、休暇村からは50分程です。フロント 小椋
PAGE TOP