その他

2015.04.19

「寿日記」・・・vol.48

「寿日記」・・・vol.48
「寿日記」・・・vol.48
今回は、洲本にある「たまご屋さんちのたこ焼き」をご紹介します。たまご屋さんとは!?っと思われた方、実は養鶏場を営んでいる卵問屋さんなんです。卵の違いは僕には何がどう違うのかわかりませんが、それはそれは色んな種類があります。(地卵・さくら卵・無投薬卵・ヨード卵・油卵など)で、その卵問屋さんがお店もやってまして、その名前が「たまご屋さんちのたこ焼き」と言う訳なんです。そこのお店の名物は「タコ唐タコ焼き」なんとタコの変わりにタコの唐揚げが入ってるんです。しかも大きい!!生地からハミ出してます!(地ダコを使ってます)タコ焼きの大きさもゴルフボールくらいあって、お腹もパンパンになります。生地はもちろん養鶏場で捕れた卵を使用していて、ものすご~く甘いんです。たこ焼きの生地というより明石焼きの生地に近いと思います。◆たまご屋さんちのたこ焼 兵庫県洲本市中川原町厚浜735-1  0799-28-0850 休暇村からは少し遠くて地道を通ってお車で約40分。 タコ唐タコ焼きの料金はお店で食べると8個¥550、 テイクアウトをすると8個¥500です。淡路島に来たら食べてほしい逸品です。ぜひご賞味あれ~!フロント中野
PAGE TOP