その他

2014.10.15

福良湾巡り  「淡路島3年とらふぐ」を訪ねて

福良湾巡り  「淡路島3年とらふぐ」を訪ねて
冬の淡路島といえば、 「淡路島3年とらふぐ」。TVや雑誌などの取材が多い食材ですがこのたび、私も取材に同行し「淡路島3年とらふぐ」を見てまいりました。実は漁船で福良湾を見るのは初めて、興奮状態で        いざ! 福良湾へ。やはり穏やかな内海で波もなく、綺麗な海でした。船は沖へと進み、とらふぐの養殖場に・・・・たくさんの囲いの中に水槽別で1年生 2年生 3年生と元気に泳いでるではありませんか。泳いでる姿では大きさがわかりづらかったですがなんと! 年代別に取っていただきました。こ、これは・・・と驚くほどの大きさの違い!!並べると一目瞭然、3年物のふぐの大きさに唖然としました。3年間育てる意味があるんですね。 手間を掛ける意味があるんですね。漁師さんいわく、まだまだ大きくなるそうです。 身の締まりも天然物と引けを取らない3年物です。 11月1日より始まる「淡路島3年とらふぐ料理」を是非、ご賞味ください。淡路島3年とらふぐプレミアム懐石』淡路島 『ふぐ懐石』担当 高田
PAGE TOP