その他

2014.09.26

淡路島のアートなカフェ探訪 その①

淡路島のアートなカフェ探訪 その①
淡路島のアートなカフェ探訪 その①
こんにちは。この間休日を利用して淡路市生穂にある『カフェ Nafsha(ナフシャ)』まで見学に行って参りました。こちらの施設ですが、実に面白~い創作芸術が沢山存在するという情報を得ていましたので、以前から私、一度行ってみたいと思っていたスポットなんですよ♪海岸沿いの広々とした空地にある同店は、“倉庫”のように見えました。芸術家のご夫婦がそこでカフェ兼アトリエを運営されているのですが・・・なるほど、聞いていたとおり、そこは実にアートな世界が広がっていました。まず最初に、空き地にあるでっかい木製恐竜オブジェがご挨拶代りに目に飛び込んできます。あと他にも鉄製の巨大カプセルや縄文式土器(?)のような謎の陶芸作品が空き地のあちらこちらに点在していました。植物のツルで車内を埋め尽くした廃車のオブジェなんて、まるであの『スタジオジブリ』の実写版を見ているかのようです。いや~、こちらの芸術家は只者じゃありませんよ!いよいよ同店の入口を入りますと・・・まさにそこは「発明工房」とも言うべきアトリエの世界!!皆様写真をご覧ください。屋外にあった縄文式風土器はもちろんのこと、木製の宇宙船やカブトムシ界の王様・“ヘラクレスオオカブト”のオブジェがドカ~ンと鎮座しております。あと宇宙船の脇におもちゃの足こぎ自動車が置いてありましたが、車の左右から羽が生えています(画面左下)!・・・もう開いた口が塞がりません。これは完全にあの『スタジオジブリ』の世界そのまんまです。ちなみに宇宙船のオブジェには人が入れるようになっていますので、きっとお子様は大はしゃぎするでしょうね。ホントに、相当楽しいですよこちらは!おススメです♪皆様、淡路島にお越しの際は是非、ナフシャのアートな世界に触れてみてはいかがでしょうか。お問い合わせ:『カフェ Nafsha』 TEL 0799-64-1121 ※水曜定休日神戸淡路鳴門自動車道・津名一宮ICより車で約15分レストラン 山本
PAGE TOP