グルメ

2020.05.06

淡路島の、引っ越ししたカレー屋さん探訪 2020

262 view

スタッフ名:レストラン 山本

画像1
 こんにちは。今回は先月休日を利用しまして洲本市本町にあります
『Mong curry (モンカレー)』さんを探訪した模様を紹介いたしマッスル。
 
 昨年夏(8/4更新)にも紹介しましたモンカレーさん。初めて実食した時の
あの衝撃は今でも良く憶えていますYOH。以前から商店街の古民家で月3回
“間借り営業”されていたモンカレーさんですが、先月より新店舗に移転されて
営業を始められたのデス☆ 私さっそくお引っ越し先を見て参りましたZOI。
画像1
画像2
画像3
画像1
画像2
画像3
 Oh,市役所の近くに移転された新店舗ですが、以前は喫茶店として使われていた
レンガ造りの建物に、アンティーク椅子など店長が施した匠のリフォームによって、
とてもオシャンティーなお店に仕上がっていマッスラー。
店長の奥様も仰っていましたが、ステンドグラス調の窓や白い電話ボックスなど、
元々あったオシャンターな素材も店内のアクセントとしてスパイスが効いていますYON♪
 
画像1
画像2
 おお~!何ですかこのオシャンテストな原チャーリーは?奥様曰く、この三輪車は
普通に通勤の足として使用されているそうで。ビジュアルが大変キャッチ―なので
お店の目印としてもイケてるかなW、と奥様は笑っていましたけど、こりゃ相当イケて
ますYOH! 許可を頂いた上で運転席に座らせてもらい、軽く仮面ラ○ダー気分を
満喫しましたZOI。もちろんラクダーと違うか~W。もはやノ○ダーでも良いか~WW。
 
画像1
 あと、“POWER TO THE AWAJISHIMA PEOPLE”!三輪車の背面にも貼ってあった
こちらのポスターは、淡路島を元気づけようと洲本の飲食店主が発案したスローガンで、
洲本を中心にこのポスター運動は現在どんどん島内で広がっています。
もう超感動しましたので当HPでも紹介させていただきました!
 
画像1
画像2
画像3
 当面はテイクアウトのみの営業になりますので、今回は.王道の『チキンカレー』を
作ってもらいました。サラっと書きましたが、実はもう売り切れていたところを店長が
無理やり一人前捻出してくれるという神対応!もうサンキューメルシースパシーバ!
なのですYOH!! すいません店長、その節は無理言いました。

 テイクアウト営業を行う期間限定で、辛味スパイスやトッピング用『スパイス玉子』の
販売もされていましたが、店長特製のカレールーもお鍋やタッパー持参でテイクアウトが
できるそうで。いや~斬新!何か子供の頃、チリンチリンと鈴を鳴らしながら自転車に
乗って廻っていたお豆腐屋さんに、丼持ってダッシュしていた昔の記憶を思い出して、
少々ノスタルジックな気分に浸りましたよウィ~ン。 あ、昭Wの話ですが何か?
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 それでは、“ステイホーム”で『チキンカレー』の実食に行きまっSHOW TIME!
「オホ=!コレっすよコレ♪」もう店長の編み出した秘伝のスパイシールーが
マイウーで堪りませんヌ!以前よりは辛味を抑えているということでしたが、
いやいや、コレはかなりスパイスの効いた“大人のカレー”だと思いマッスル。
 
 カレーに使っている鶏肉や野菜など、地元の食材を使うことにこだわる店長の志は
以前から知っていましたが、何と仕込みの水まで地元「先山」の湧き水を使用するという
徹底ぶり!適度な硬さの水質がカレーの出汁取りはもとよりお米もパラっと仕上げて
くれるそうで。
普通に「このライスー、マイウー♪」って私は食べてましたけど、そんなところまで
考えていらしたとは!いや~、ホントにいい仕事されていますね~!
超GJ(グッジョブ)なのデス☆☆☆
 
画像1
 ふぅ~、美味しかったぁ!皆様、本日のファルファルペロりんちょ劇場、
お楽しみいただけましたでSHOWか♪ ステイホームで一人サムアップを
“ピキ=ン!”とキメてみましたZOI。 
西村店長、奥様、どうもごちそうになりました! また今度タッパー持って
寄せてもらいます~!(=^・^=) 
画像1
 皆様、当『オッスおら山本ブログ』では、これからも淡路島の魅力的な
情報を紹介して参りマッスル。 是非ご期待あ~れ~♪♪♪
 

撮影協力:『Mong curry 』HP:mongcurry.com 
             ※当面はテイクアウトのみの営業(毎週金・土曜のみ)
             ※営業日・営業形態などにつきましてはSNSの告知を
              確認してください。
                                 住所:兵庫県洲本市本町2丁目3-11    
               休暇村南淡路より車で約40分
 
PAGE TOP