観光

2019.01.15

淡路島七福神霊場④達者で長寿を授ける御寺「宝生寺」

944 view

スタッフ名:ユン

画像1
画像2
画像3
「宝生寺」は長寿の神である寿老人様は寿老神とも書き、老子の化身とも言われています。長命、富財、与宝、諸病平癒の神でもあります。人々の安全と健康を守ります。
桃は若さのシンボル。「西遊記」に孫悟空が桃の木から長寿の実をとり、元気を取り戻したことは有名な逸話です。寿老人さまのもつ桃は、美しく歳をとり、美しく老いてゆくことの大切さを示されています.。また、鶴と亀と鹿は長寿の象徴とされています。美しく齢を重ねるには日常、鶴のごとく美しく、亀のように耐える勇気をもち、鹿のように注意深く、俊敏にということです。
皆様、休暇村南淡路にお越しの際に是非「宝生寺」にお立ち寄り、寿老人様から元気をもらい、幸せを祈願してはいかがでしょうか。

*見学時間: 8:00~17:00
*所在地:〒656-2143  兵庫県淡路市里326
*電話番号: 0799-62-2905
PAGE TOP