グルメ

2019.03.25

休暇村南阿蘇「手作り辛子レンコン」製造現場取材しました!

372 view

スタッフ名:高橋

画像1
画像2
熊本といえばからし蓮根!
からし蓮根といえば熊本!ということで
こちら休暇村南阿蘇のバイキングでご提供しております「辛子レンコン」の
製造工程を今日はご紹介させていただきます。
 こちら休暇村南阿蘇のバイキングにて提供させて頂いています「辛子レンコン」。
作ってくださっているのは厨房の女性スタッフ吉岡さんです!!
今回はお忙しいなか撮影させていただきました♪

辛子蓮根(からしれんこん)は、熊本県の郷土料理です。
発祥と由来は蓮根は増血剤として優れている上に辛子には食欲増進作用があり、
これを使った辛子蓮根は熊本の一般家庭で正月などに昔から作られた郷土料理であったそうです。
「熊本藩主細川忠利は生来病弱だったが、ある時前任地(小倉藩領)である
豊前国耶馬渓羅漢寺の禅僧・玄宅が忠利を見舞った時に、蓮根を食べるよう勧め、
そこで藩の賄方であった平五郎が、加藤清正が熊本城の外堀に非常食として栽培していた蓮根の穴に
和辛子粉を混ぜた麦味噌を詰め、麦粉・空豆粉・卵の黄身の衣をつけて菜種油で揚げたものを
忠利に献上し、蓮根を輪切りにした断面が細川家の家紋(九曜紋)と似ていたことから
門外不出の料理とされていたという伝説もあるそうです。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
 
ぜひご宿泊の際はおめしあがりください♪
味噌、パン粉、からしを混ぜ合わせたものをレンコンの穴につめます。
次に小麦粉をまぶします。
余計な粉をハケで落とします。
衣をつけます。
油で揚げます。
出来上がり♪
これで後はレストランに出されるまで待ちます♪
現在、野草園ではふくじゅそうが満開です。
皆様のお越しをお待ちしております!
PAGE TOP