観光

2018.11.20

阿蘇火口見学のご案内♪

381 view

スタッフ名:高橋

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
一日の寒暖の差が激しくなってきております。
先日は初霜が降りた阿蘇地域です!

今日は改めて阿蘇は中岳火口の見学のご案内をさせていただこうとおもいます♪

阿蘇山(あそさん)は、日本の九州中央部、熊本県阿蘇地方に位置する活火山です。
外輪山と数個の中央火口丘から成り、外輪山は南北25km、
東西18kmに及び面積380km2の広大なカルデラ地形を形成し、
正確にカルデラを含めた大きさでは阿蘇山全体は東京ドーム約7500個分です。
 
9万年前の巨大カルデラ噴火による噴出物は384 km3 に達し、
火砕流は九州の半分を覆ったと推定されています。
特に厚く堆積した地域では火砕流台地となって残っていて、
この台地は九州中央部に広く分布し、緩やかに波打つ平原を形作っています。
周辺自治体の熊本県高森町東南部、熊本県山都町北部一帯のほか、
県の宮崎県五ヶ瀬町北部や、同県西臼杵郡高千穂町、大分県竹田市などもその中に入るそうです。
大きな噴火のうち、4回目の噴火 であるAso-4 (約9万年前) は最も規模が大きく、
火砕流は九州中央部を覆い一部は海を越え山口県秋吉台まで達したそうです。
火山灰は日本海海底、北海道まで達したとのことです(ウィキペディアより)。

阿蘇4火砕流と阿蘇4テフラの広がりは広範囲で、火砕流は九州のほぼ全域に達しました。
現在の火口見学はガス規制の無い場合は行えます。
詳しくは公式HP http://www.aso.ne.jp/~volcano/ 内の
こちら→ http://www.aso.ne.jp/~volcano/info/
にてリアルタイムで更新されます!

火口までの交通手段は、
2018年2月28日入山規制解除を受け現在火口見学は入山規制が無い場合、
徒歩または車(有料)などで火口付近まで入場できることになりました。
またロープウェイ代行バスとして「阿蘇山ループシャトル」が運行されています。
ロープウエィは近年の度重なる噴火活動による運休が相次ぎ、
その最中で2016年4月に熊本地震、同年10月の大規模噴火によって駅舎やゴンドラなどに被害が生じ、
当面の運行再開は困難な状況となっています。(写真5枚目)
2018年10月12日、運行の再開を断念し、駅舎とロープの支柱を解体、撤去することになっています。
近く工事に入り、2019年春までに終える計画です。
 
阿蘇の火口見学ぜひチャレンジされてください!!
PAGE TOP